1ルームの引越しはベッドを処分した方がよいか

MENU

1ルームならベッド無しで格安引越し

引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドか布団かは悩むところです。ロフトなしワンルームであれば、かなりの面積を占めるのがベッドです。まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の玄関からベッドを入れられないといったハプニングも起こるようです。

 

引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を割り切って始めてみてもいいかもしれません。

 

何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。まず、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入先の市区町村の役所の窓口で、転入の手続きをします。

 

 

当然ですが、転出届がないと、転入届の提出もできないことに気をつけないといけません。
税金や社会保険などの根拠になりますので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる衣装ケースが存在しますから、これを用いると衣服をスピーディに梱包できるようになります。